社会イノベーター公志園とは

  • 地域コミュニティ、日本、社会、さらには世界が直面する経済社会の課題
  • 市場メカニズムや行政といったアプローチのみでは、十分に解決されえない課題
  • 人が不安や不満を感じたり、おかしいと感じたりするのに、放置されている課題

そんな経済社会の課題を、従来にないアプローチで解決せんと挑戦している社会イノベーター達が全国から集まるのが、社会イノベーター公志園です

社会イノベーターが集い、ともに切磋琢磨する…そんな社会イノベーターたちに、心から声援を送り、同時に、自らも問題意識を拡げ、気づきと勇気をもらい、自分自身の今後の生き方を考える…

挑戦者たちと、支援者、さらには観客が、一体となって、日本と世界の未来を創りだす そんな舞台が、日本にはじめて生まれます
公志園プログラムの詳細につきましては、http://koshien-net.jp/をご覧頂けますようよろしくお願いいたします

公志園プログラムで行われている3つのチャレンジ

社会イノベーター公志園では、三つの異なる形でのチャレンジを通じて、共感と支援の輪を広げています。いずれも、公志園という社会変革イニシャティブ、16名の全国大会出場者を、直接的あるいは間接的に応援いただくものです。とくに関心・共感を持っていただけるチャレンジに、ご支援・ご寄付をよろしくお願い致します。

公志園の理念と趣旨に共感いただき、
<16名の全国大会出場者の志と活動を広く世に紹介するDVD制作>
を応援いただける方はこちら
公志園を主宰する「100人委員会」有志の志に共感し、
<公志園の運営全般>を支援いただける方はこちら
公志園の全国大会出場者のうちの特定の個人の志に共感し、
<その出場者の活動>を支援頂ける方はこちら

(1)公志園DVD制作支援会に加わる

公志園

16名の出場者の志と活動を紹介するDVDを制作し、日本全国に共感と支援の輪を広げます

9月17日より始まり、1月22日にフィナーレを迎える公志園の全国大会。出場する16名の社会イノベーターの活動や志をより広く発信するため、DVDを制作し、TSUTAYAの全国店舗でレンタルを開始致します。多くの人が手にとって、16名の出場者がどのような課題に、どのような思いで取り組んでいるのか、映像を通じて触れることができ、共感し、支援の輪が広がっていく…。このDVD制作を実現する制作支援会のメンバーに加わっていただける方を募集しています。このチャレンジへの5,000円の寄付を通じてメンバーに加わって頂いた方には、エンドロールにてお名前の掲載、完成したDVDの送付をさせていただきます(いずれも希望者のみ)。メンバーとしての形ではなくても応援いただける方は、500円から支援いただくことも可能です。

公志園DVD制作に向けてのチャレンジを見る

(2)100人委員会有志個人の志を応援する

公志園は、日本の未来を考えるための「社会の公器」として誕生しました。その公器をささえる100人委員会は、現状に危機感を覚え、未来に思いを馳せる有志からなるメンバーであり、個人の資格で参加しています。100人委員会の実行委員長、副実行委員長のチャレンジを募る寄付は、公志園の運営、さらには全国大会出場者に対する交通費の補充に充当されます。

実行委員長 長谷川閑史

実行委員長 長谷川 閑史

顧みればこれといった志を果たすこともなく馬齢を重ねた自を反省し、残り僅かな人生の中で少しでも社会に還元すべく全力を尽くしたい。
長谷川 閑史さんのチャレンジを見る
副実行委員長 野田智義

副実行委員長 野田 智義

この国に蔓延する「嫉妬」の文化を変えたい!頑張る人の足を引っ張り、粗を探す・・。そんな国に未来はあるでしょうか?頑張る人に心からの声援を送り、支援の手を差し伸べる・・。こんな文化を共に実現しませんか。
野田智義さんのチャレンジを見る
副実行委員長 加藤哲夫

副実行委員長 加藤 哲夫

東北から従来の発想を大きく打ち破り、公共の志を発揮する人材の発掘と育成、そして彼らを応援する人々のすそ野を増やすべく全力を尽くしたい
加藤哲夫さんのチャレンジを見る
副実行委員長 小城武彦

副実行委員長 小城 武彦

「どうせ」。「魔の3文字」がこの国に蔓延している。人の可能性に蓋をし、成長の扉を閉じてしまう恐ろしい言葉。「どうせ」に真っ向から勝負している人々を讃え、共感の輪を広げ、この国から「どうせ」を駆逐する。
小城武彦さんのチャレンジを見る
副実行委員長 橋田紘一

副実行委員長 橋田 紘一

自他共栄、自分のためにだけ努力するのではなく、その力を世の中のためにも反映させ、共に栄えることを目指す、そのような社会を創ることを、自身のライフワークとしたい。
橋田紘一さんのチャレンジを見る
副実行委員長 立野純三

副実行委員長 立野 純三

様々な社会課題について「このままでいいだろうか?」と、当事者としてとらえ、仲間や地域を巻き込み、行動を起こす人を自らが先陣を切って支援していきたい
立野純三さんのチャレンジを見る
共同審査委員長 ツ黴€藤森 義明

共同審査委員長 藤森 義明

社会に大きな変革を起こす。そして変革を起こしたいという志を持っている若者を育てたい。
藤森 義明さんのチャレンジを見る

(3)全国大会出場者個人の志を応援する

地方予選会、全国公募を経て、北は北海道、南は鹿児島の離島から、全国大会に選ばれた社会イノベーターたち。年齢、取り組む課題、活動内容も様々です。それぞれがチャレンジで募る寄付は、彼(女)ら全国大会へ出席するための交通費や日々の活動費用に充当されます。

東北公志園大会(8月21日開催@仙台)から全国大会出場者

貝沼 航氏 地域活性

貝沼 航氏 株式会社明天代表取締役

若者と魅力ある大人を繋ぎ、地域に根付く伝統工芸に新たなるチャレンジを創出します!{[*
チャレンジを見る*]}
小野寺 美厚氏 障がい者

小野寺 美厚氏 NPO法人ネットワークオレンジ代表理事

『障がいあっても、地域の中で自分らしく・楽しく・安心して暮らしてゆける』環境の実現を目指します
チャレンジを見る

関東公志園大会(8月22日開催@東京)から全国大会出場者

松田 悠介氏 教育

松田 悠介氏 NPO法人 Learning for All 代表理事

ひとりひとりの子どもの可能性が最大限活かされる社会の実現を目指します
チャレンジを見る
志村 季世恵氏 ダイバーシティ

志村 季世恵氏 NPO法人ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン理事

ダイアログの願いは、誰もが自分の能力を発揮でき、生まれてきてよかったと思えるそんな社会。
チャレンジを見る
武藤 真祐氏 医療

武藤 真祐氏 祐ホームクリニック 院長

在宅医療を中心とした産学官民のコンソーシアムにより、都市部の孤立した高齢者と社会との繋がりを構築、地域コミュニティにおいて住民が安心して年を重ねることができる社会基盤のモデルを構築すべく、活動を開始。
チャレンジを見る

九州公志園大会(9月4日開催@福岡)から全国大会出場者

小川 勇人氏 子育て

小川 勇人氏 株式会社 小川の家 代表取締役

子どもの未来のために、子育て優先社会の実現を目指します
チャレンジを見る
山地 竜馬氏 地域活性

山地 竜馬氏 一般社団法人へきんこの会 代表理事

口永良部島を拠点として、島の若者や子供が自分の島で生きて働くことができる、島の高齢者が島を終の棲家とできる環境を創るため、島民の知恵・経験と都市の若者の視点・労力を取り入れて、新しい仕事をつくります。
チャレンジを見る

関西公志園大会(9月5日開催@大阪)から全国大会出場者

佐野 恵一氏 福祉・介護

佐野 恵一氏 株式会社旅のお手伝い楽楽 代表取締役

「心が動けば、体が動く」旅は最高のリハビリです。誰もが気軽に外出できる社会をめざします!
チャレンジを見る
菊池 信孝氏 多文化共生

菊池 信孝氏 NPO法人インターナショクナル 代表理事

私たちの気づかない、でも実は身近なところで食べ物をえらぶこと、口にすることに不安感をもって暮らしている人達のため、「食材ピクトグラム(絵文字)」というアプローチで全ての人に〝おいしい笑顔〟を届けます!
チャレンジを見る

全国公募枠

門田 瑠衣子氏 国際協力

門田 瑠衣子氏 エイズ孤児支援NPO団体・PLAS
代表理事

これ以上のHIV/エイズの感染拡大を防ぎアフリカの危機を共に乗り越えるために、そして何よりエイズ孤児のために、私はアフリカの人々と手を取り合い、共にエイズ孤児支援に邁進します。{[*
チャレンジを見る*]}
星島 郁洋氏 地域活性

星島 郁洋氏 株式会社ファイブアローズ 代表取締役

一度破産した「高松ファイブアローズ」(プロバスケットボールbjリーグ所属)の再生に取り組んでいます。地元の元気の素、子供の夢、そして地域経済活性化の1つの核になれるチーム作りを目指します。
チャレンジを見る
岡田 吉弘氏 農業

岡田 吉弘氏 平和建設株式会社 代表取締役

消滅の危機に瀕している、約650年続く伝統文化でもある国内最高級「備後畳表」とその原材料になる備後いぐさを守りたい。
チャレンジを見る
川添 高志氏 医療

川添 高志氏 ケアプロ株式会社 代表取締役

血糖値やコレステロールなどを500円から受けられるワンコイン健診を展開して、医療費削減と生活習慣病予防に貢献します。
チャレンジを見る
菅原 聡氏 国際協力

菅原 聡氏 GLOBE PROJECT 代表理事

世界一周をするなかで、紛争や貧困といった悲惨な現実を垣間見ました。苦境を脱するための機会は誰にとっても等しく与えられるべきだと私は信じています。私はスポーツを通じて社会問題解決を図ります。
チャレンジを見る
近江 正隆氏 農業

近江 正隆氏 株式会社ノースプロダクション
代表取締役

食の生産者と消費者とが、お互いに顔が見え理解し信頼し合える関係となるモデルを、十勝から発信し、日本全体へ広げていく「食の安心を伝える仕掛け人」として活動を続けたい。
チャレンジを見る
林 大介氏 教育

林 大介氏 模擬選挙推進ネットワーク
事務局長

民主的社会をつくるには、社会が未来の有権者を育てる努力が不可欠である。子ども時代から政治意識や自尊感情を高め、責任ある民主主義社会を実現することが、経済社会の課題解決の大きな一歩となります。
チャレンジを見る